何となく選んでいませんか?
本当に恋愛運アップを叶える神社とは。

今回はバレンタイン間近ということで「恋愛」に関する神社をご紹介したいと思います。日本の神社と、西洋からやって来たバレンタインとの関係性はさておき、世界各国、いつの時代も「恋愛」はみんなの大きな関心事。日本には昔から、「縁結び」をお得意とする神様や神社が存在しています。というわけで今回は「縁結び神社」についてのお話です。縁結びと言えばココ!という神社は全国に多数ありますが、どこの神社で祈願すれば良いのか「選ぶポイント」をご紹介したいと思います。

響きに注目!名前から探す

「恋木神社」

まず、分かりやすく神社の名前や御祭神の名前から、縁結びに向いているかどうか見てみましょう。たとえば福岡県筑後市の水田天満宮境内にある「恋木(こいのき)神社」。名前のとおり「恋愛成就祈願」で大人気の神社です。調べてみると、御祭神の「恋命(こいのみこと)」という神様は、全国で唯一ここだけに祀られている神様だそう。全国のショッピングモールなどで、この時期限定で登場する「バレンタイン神社」や「恋愛神社」といった特設神社は、最終的に絵馬を恋木神社に奉納するというところが少なくありません。
福岡県筑後市 「恋木神社」

文字や響きから「縁結び」祈願をする神社を探してみましょう

文字や響きから「縁結び」祈願をする神社を探してみましょう

「結神社」

東京都港区にある虎ノ門金刀比羅宮の境内には「結(むすび)神社」というお宮があります。詳しい由緒は不明ですが、昔から縁結びを願う女性からの信仰を集めており、赤い紐を結んで祈願する方法も独特です。
東京都港区 「虎ノ門金刀比羅宮」
結神社の取材記事はこちらから



結神社のそばには沢山の赤い紐が結ばれている

「高木神社」

東京都墨田区、スカイツリーの近くにある「高木(たかぎ)神社」の御祭神の名前は、「高皇産靈神(たかみむすびのかみ)」。名前の中に「むすび」の響きが隠れていますね!高皇産靈神は、日本神話の中で2番目に登場する神様で、3番目に登場する「神皇産靈神(かみむすびのかみ)」と対になるため、「男女のむすび」を象徴する神様とされています。「生産・生成」という意味も名前に込められているようです。高木神社の境内には「むすび」にちなんだ「おむすび」が隠れていますよ。
東京都墨田区 「高木神社」

高皇産靈神(たかみむすびのかみ)の名にちなんだ「おむすび」

高皇産靈神(たかみむすびのかみ)の名にちなんだ「おむすび」

夫婦の神様なら尚良し?!御祭神から探す

「明治神宮」

夫婦でお祀りされた御祭神の神社だと、より縁結びの説得力も増しますね。たとえば東京都渋谷区の「明治神宮」は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社。お二人が崩御された後、国民からの熱い願いにより創建されました。国民から愛された夫婦神を祀る明治神宮で御祈願すれば、周りから祝福されるご縁に出会えるかもしれませんね。
東京都渋谷区 「明治神宮」

明治神宮の「晴れの日」の様子

明治神宮の「晴れの日」の様子

「氷川神社」

関東地方に多い氷川神社は、「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」と「奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」の夫婦神、そして息子の「大己貴命(おおなむちのみこと)」をお祀りしています。埼玉県川越市の「川越氷川神社」は、境内の小石を巫女さんが丁寧に包んだ「縁結び玉」が大人気!東京都港区にある赤坂氷川神社も、毎月1回斎行される「縁むすび参り」の定員がすぐに埋まってしまいます。
夫婦神を祀る神社の御利益は、女性たちの間で話題となっているようですね。幸せな結婚のアドバイスは幸せな結婚生活を送っている方に求めたいもの。日本には多くの夫婦神がいらっしゃいいますから、ぜひ調べてみてくださいね。
埼玉県川越市 「川越氷川神社」
東京都港区 「赤坂氷川神社」

赤坂氷川神社では毎月1回「縁むすび参り」が斎行される

赤坂氷川神社では毎月1回「縁むすび参り」が斎行される

目に見える縁結びパワー!シンボルから探す

「武雄神社」

夫婦岩、相生杉など自然に発生したペアのシンボルから、パワーを感じられるところもあります。特に御神木は、根本が一つに繋がっているものや、枝が途中から繋がり始めて別々の木が一つになっているものも見られます。まるで双子やソウルメイトのような木々を見ると、寄り添って同じ運命を歩む夫婦の姿と重なる気がしますね。
佐賀県武雄市の武雄神社には「夫婦檜(むすびの樹)」があります。2本の檜が根元で結ばれ、樹の中ほどで再び枝が合着しています。夫婦和合と縁結びの象徴として信仰を集めているようです。
佐賀県武雄市 「武雄神社」

武雄神社の夫婦檜
武雄神社の夫婦檜

根元がしっかり結ばれている
根元がしっかり結ばれている

「相生社」

京都市にある世界遺産、下鴨神社境内にある「相生社(あいおいのやしろ)」は縁結びのパワースポットとして有名です。御祭神は「産霊神(むすひのかみ)」。名前にもあるように「結び」の御神徳があるようです。そして、その横にあるのが「連理の賢木(れんりのさかき)」。2本の木が途中から1本に繋がっています。まさに縁結びの御神徳のあらわれですね。
京都府京都市 下鴨神社境内の「相生社」

下鴨神社境内にある「相生社(あいおいのやしろ)」
下鴨神社境内にある「相生社(あいおいのやしろ)」

1つに繋がった「連理の賢木(れんりのさかき)」
1つに繋がった「連理の賢木(れんりのさかき)」

最終的には気になる神社とご縁を結ぶ

いかがでしたか?全国各地に、縁を結んでくださる神様はたくさんいらっしゃいます。有名神社も良いですが、意外と近くにあなたの良縁を応援してくれる神様はいらっしゃるかもしれません。ぜひ、名前や由緒、御祭神の功績などを紐解いて縁結びの誓いを立ててみてくださいね。まずは神様とのご縁を結んで、応援してもらえるよう行動していきましょう!!

下鴨神社の「相生社」前にあるお地蔵さま

下鴨神社の「相生社」前にあるお地蔵さま

Facebook

instagram

社長のウラ側インタビュー 就活転職応援サイト 社長のB面

TOPに戻る